読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハイになる前に

「心ならもう決まってる 僕の前を僕の影が征く」

いれかわってる〜〜〜!?!?

つれづれ 映画

遅ればせながら「君の名は。」を見てきた

新海誠作品は「秒速5センチメートル」のみ、見たことがあった
アニメとは思えないリアルさと常に発光しているような夢のような景色が同居する素晴らしい背景、そしてそれに伴わない人物のデザイン(※個人の感想です)
物語の救いのなさもエラい言われようだった名作であるが、あれの2話、種子島かどっかの女子が主人公の男子に想いを寄せているんだけど、彼はどこか、自分の知らないところを見て生きている、みたいなのには、グッと来た
そういう目にあったことある女子、少なくないと思う
そういう男子をまばゆく眺めて、まる一年同じクラスにいて、教室の机と机の間の通路を、掃除の時間の渡り廊下を、ただすれ違い続けるだけで終わったことが、ある人は、あると思う
そういう人には、ピンとくる、あの「自分の知らない世界を見て生きている人」

君の名は。」大ヒット!と言われても、フーン、で済むはずだったが、「秒速」2話への信頼感が、なぜかずっと尾を引いていて、なんとなく気が向いたので、見てきた
映画は、劇場で見るのが好きである
背景は間違いなく酩酊を誘う美しさだろうし、解散後のジブリスタッフが入ったとかでさらに一層見ごたえのある画面になっているらしいし

※以下、ネタバレというほどのものではないが、映画見てからの方が、いいっちゃないかな〜〜、くらいの感想です※

前半は、とにかく可愛い、可愛い、可愛すぎて、その可愛さに思いっきり浸かりまくる楽しさがあった
リアルな世界にムダのない線で無駄なく動く美しいキャラたち
「秒速」では背景にとてもついていけてなかった(※個人の感想です)人物の造形が、今回はまったく違和感なく馴染んでいた(秒速と比べちゃいけないんだろうけどさ…ワシの中には秒速しか比較対象先がないもんだからさ…)
物語の主軸となるストーリーも綿密に練られてて、目まぐるしく変わる視点、状況、整合性とかを追いかけるのに、前半の可愛い可愛いを見てた時とは全く違う部分を働かせ、おおおこれからどうなるのどうなるの、というドキドキも満喫した
特に、主役2人の演技の素晴らしさったらなかった
入れ替わってる時の神木くんマジ天才やし、上白石さんもよく知らない女優さんだけど演じ分けが見事だった
彼らの声の演技、そしてキャラがちゃんと、中身に即して動き方が変わってくれるので、「あれ?今どっち?」という時でも、比較的早く現状把握ができた

しかしそういう、物語の主軸の骨子がよく出来てるのとは裏腹に、え??それアリなんかいな????みたいな、徹底的御都合主義、ぽい部分も随所にあった
ものすごきっちり辻褄が合ってるところと、妙にうまいこと行き過ぎるところのバランスが結構いびつで、そういう部分にも揺さぶられたりした

とはいえ、私の中で時かけ以降印象がよく似ている(ジブリ以外の)(細長いキャラが、リアルな背景の中で、比較的ゴタゴタした物語を展開する、ような)長編アニメ映画の中では、かなり秀逸だったのでは…と感じている

 

 

個人的にどうしても、どうーーーーーーーーしても、生理的にムリな部分があって、映画が終わってからもそのツラさをどうやって解除したらいいか分からないくらい、苦しかった
作品そのものは十分楽しんだのに、非常に個人的な事情で作品に酔えないという、これまで体験したことがない感覚に陥った
同じように思った人、絶対いるはず!と思ったけど、その内容を検索すること自体が苦痛という、生き地獄みたいな状態になった
劇場を出てもその衝撃で若干グラグラしていて、うわあどうすりゃいいのさ〜〜と頭を抱えたが、実はこの日映画館への道すがら、大事にしていたブローチをなくしてしまい、もしや路上に落ちてやいないかと、暗い帰り道を携帯のライトで照らしてキョロキョロ探しながら歩いているうちに、なんとなく気が紛れ、事なきを得た

あとは、サービスカットが過剰だったり、はっきりそうと示されてるわけでもないのに、いろんな場面やセリフになぜかこびりついてる童貞的感覚だったり、などに、いろんな人が反応してたが、ワシはその部分いらねえな、と思う以上に、上記の生理的云々部分がどうにも、どうにも…

これは、ま、見た人ならおおかた察しがつくだろうし、さまざま言及もされてるだろう、ワシはちょっと世の言及具合を確認する気力もないけど、でも、なんか、、、、
なんかもうちょっと、別のやり方でやってくれてたら、もうちょい没入できたかもな、と思った
もう、全くワシ自身の事情なので、文句を言う筋合いでもないんだけども

ただまあ、世界線どうこう、的な部分では、近藤ようこ×津原泰水の「五色の舟」の圧倒にはとても太刀打ちできないと思った
そんなね、いろいろ読んだり見たりしてない、うっす〜〜〜〜いワシの脳内ストックで比較したって仕方ないんだけどもね…
でも、映画見てからなんとなく「五色の舟」を読み返したくなったのは確か

見た映画はたいていパンフを買うタイプなのであるが、今回は終わってからのグラグラで買いそびれた

こんな状態で、実はこれから大本命の「この世界の片隅に」を見に行くけどね!
そっちを見たら多分、そっちで頭が一杯になるだろうことが想像できたので、慌てて感想を投げたけどね!